AOTOが人々の2020年への想いを音と景色に変える "KanzakiZEX 2021"をリリース





ジャケット制作はmori souta(SAGE)が手掛けた

東京出身のオルタナティブHIPHOPアーティスト・AOTOが初の配信シングル""KanzakiZEX 2021"を各種配信ストアにてリリースした。
2020年はCOVID-19の流行により様々な感情が渦巻いた1年となった。
AOTO自身も怒りや不安、マイナスな気持ちばかりが生まれたという。
本曲は、そんな感情を打ち消せることはないが、せめて強がるって見せる生き方を表現した1曲。

AOTO自身も「カテゴリーはわかりません。HIPHOPでもElectronicでも、なんでもいい。これは強がりです。強がりが音となって、景色に変わって、誰かの後押しとなったら最高です」と語る通り、強がりが勢いとなり、ジャンルを横断して走る力強い仕上がりとなった。

なおジャケットはAOTOと共に暮らすmori souta(SAGE)が手掛けた。

作品情報:

(ジャケットクリックで配信先にジャンプ)

Artist:AOTO
Title:KanzakiZEX 2021
Label:AOTO
2021年1月1日配信リリース

アーティスト情報’:
AOTO


東京出身のオルタナティブHIPHOPアーティスト。
2019年10月頃からVilleSTUDIOとして活動を開始し、SoundCloudに数曲配信。
AOTOに改名後、2021年1月、初のシングル"KanzakiZEX 2021"をリリース。
今後は2021初旬にはEP『SUPER YUNG』のリリースを控える。

Twitter
Instagram
戻る