YETTOがデビューシングルとして2020年型のドライブチューン”good driver / doorway"を配信開始





客演にはMONJU N CHIEからKTYが参加

コロナ禍で失業後、手に入れたMPC1000を手に活動を始めたMC・YETTOが12/21(月)よりデビューシングル”good driver / doorway"をYoutubeで公開、各種配信ストアでも配信開始。





“good driver”にはラップグループ・MONJU N CHIEのKTYが参加。
両者が現在生業としている「自転車によるデリバリーサービス」をテーマに、それぞれの日々や環境を綴る2020年型のドライブチューンとなっている。
新型コロナウィルス流行による外出自粛ムードの中、各種ニュースでは取り上げられないが、交通ルールを順守し、日々変わっていくシステムに対応しながら、長距離の配達をこなすも、長時間労働をこなさなければ収入が安定しないという「良心的なドライバー」のドライブライフを彩る為に制作された。
現在制作中の1stアルバムからのリードシングルとなる。

また、同曲については、公開開始と同時にRemix用のインスト及びアカペラを配布しており、各都市に潜むgood driverなアーティストによるRemixを募集している。


作品情報:

(ジャケットクリックで配信先にジャンプ)

"good driver feat. KTY / doorway"
1. good driver feat. KTY
2. doorway

2020年12月21日(月)Youtubeにて先行公開、後日配信予定


アーティスト情報:
YETTO:


1995年生まれのビートメイカー/ラッパー/デリバリーサービス従業者/求職中。
新宿区百人町在住。
2020年頭までメディア系の会社員として働いていたが、人的トラブルを伴う"一身上の都合"につき休職。
新型コロナウィルスの流行と共に困窮する経済に影響を受けて精神が悪化し、同春に会社を退社。
友人が使いこなせず譲ってもらったMPC1000を修理しビート制作を開始する。
今後はMONJU N CHIEのMC、KTYのシングル(2021年1月リリース予定)に、ビート提供・プロデュースで参加。

Instagram
Twitter
Bandcamp
戻る