関西トラップシーンで注目を集めるEDWARD(我)が初EPリリース決定。リードMV&シングルも公開





12/23(水)にデビューEP『202020』がリリース決定

関西トラップシーンで注目を集める20歳・EDWARD(我)が12/23(水)に初EP『202020』を配信限定リリースする。


EDWARD(我)

本作はデカダンかつポップな先行シングル"Loser"を筆頭に、ダークでゴシックなトラップから、寂寥感のあるアコースティック、幽玄なアンビエントまで、変幻自在なスキルを見せつける全7曲。
どこか両性的な魅力を持つ声と、生々しい心情を赤裸々に綴ったリリック。
そして幼い頃から嗜んだクラシックとロックをバックグラウンドに、確かなコード理論に基づく音楽性を武器にした1作となった。

USやEUのビートメイカーを揃え、全曲のミックス&マスタリングをアトランタ出身のJago Bandoに依頼、海外を視野に入れたプロダクションレベルとなっている。
客演に盟友yng muto nyng (ヤングムトニャン)。
アートワークはfxrmvlv92 (フォーミュラ92)が手掛け、混沌とした世界観をヴィヴィッドに具現化した。

なお『202020』のリリースに先行し、リードシングル"Loser"が配信リリース&MV解禁された。



MVはNormcore BoyzやGucci Princeを手掛けたShotaro Sugiyama (baton)が監督。
ヴィジュアルエフェクトを釈迦坊主やReol、そしてTohjiらによる"GOKU VIBES"を手掛けたSOUSHI (LIL SPOOKY BOYS)が担当した。

作品情報:

リードシングル "LOSER"

(ジャケットクリックで配信ページに移動)

Artist:EDWARD(我)
Title:Loser (single)
Label:Ourlanguage / SPACE SHOWER MUSIC
2020年12月16日20:00配信リリース


EP『202020』


1. Loser
2. 2 skies feat. yng muto nyng
3. ai
4. X
5. sweet sleep feat. yng muto nyng
6. oblivion feat. yng muto nyng
7. mind

Artist:EDWARD(我)
Title:202020 (EP)
Label:Ourlanguage / SPACE SHOWER MUSIC
2020年12月23日00:00配信リリース


アーティスト情報:
読み方は「えどわーど」、カッコ内は発音しない。
京都に生まれ、幼い頃よりクラシックピアノとダンスを習い、両親が好きだったNirvanaやGreen Dayを聴いて育つ。
高校生に成長した彼女は、高度な音楽理論を学び、複雑な家庭環境と思春期特有のアンバランスなメンタルに苦悩しながらも、ラップという新たな表現方法に出会う。

ネットにオリジナル曲をアップする内にNidra AssassinやYokai Jaki、rirugiliyangugiliらを巻き込んで、関西若手トラップシーンの中で頭角を表す。
野崎りこんやTahiti、BENXNIとのコラボ曲、yng muto nyngとの共作EP『ウサギ』を経て、2020年、20歳の冬に初EP『202020』をOurlanguageよりリリース。
好きなアーティストはMarilyn MansonとLana Del Rey、そしてウクライナのポップパンクバンドPoshlaya Molly。

Twitter 
Instagram
SoundCloud
戻る